2022年5月10日火曜日

萩のまちと文学⑨ 澤野久雄

 今の季節、町を散歩するには絶好の日和です。

「萩のまちと文学」。今回紹介するのはこの季節に読みたい一冊です。





 


 作家・澤野久雄が昭和45年に発表した紀行文『旅で逢った人』。この中に、澤野が萩を旅した時の出来事を記した「花と蜜柑と萩焼と」が収められています。


 澤野久雄は埼玉県出身で、朝日新聞の文芸担当記者として働く傍ら、自らも小説の執筆を行っていました。「挽歌」や映画化もされた「夜の河」などの作品で、合計4度芥川賞の候補にも選ばれています。

 澤野は自らも認める旅行好きで、日本中をくまなく歩き、果てはヨーロッパ各地にも足を運ぶなどしてます。「旅で逢った人」は、そんな澤野が北海道から九州まで、日本各地を歩き回った旅の記録を集めたものです。


 「花と蜜柑と萩焼と」によると澤野が萩を訪れたのは、昭和45年の4月。今から52年も前のことです。ちょうど桜の盛りだったらしく、城址の石段の傍で咲き誇る桜の情景や、城下町の白い土塀を彩る夏蜜柑の様子をとても印象的に語っています。


  桜にはこの町の、どこででも出会った。そればかりではない。桜の幔幕を、夏蜜柑の金色が飾るのである。ここの屋敷うち、そこの空地、——そう、ここでは夏蜜柑は山肌の畑に作るものではなく、古い家の広い庭に、あるいは道端のわずかな土地にも、陽を受けて輝くものであった。

 


 2泊の萩滞在の間に、澤野は萩の各所を巡り、様々な人やものに出会います。


桜に蜜柑、山と海、といえば、これは目に美しい町だ。そこへ、古い武家屋敷、道の片側につづく白い土塀といえば、漸く人間味を帯びて来る。歴史が蘇って来る。


 松陰神社、萩焼の窯元、田町の商店街、萩城址、笠山――。

 澤野が訪れた場所の多くは今も変わらず残る景色ばかりです。彼の旅した昭和の春の風景は、もう何十年も前のもののはずなのに、令和の時代の私たちも同じような風景を目にすることができる。そんなところに、萩の町の魅力や、文学の面白さはあるのかもしれません。




 澤野は『旅で逢った人』の冒頭、「旅のこころ」と称して、次のように述べています。


物思う暇もないほど忙しい人は、物思う場として旅をすべきだろう。心を休めるための旅もいい。近い旅でも、遠い旅でも構わない。人間というものがいとしく思えるようになれば、旅行は君の教師だったことになる。


 小さな三角州の中に形成された萩城下町の昔ながらのたたずまいは、旅をするにはうってつけと言えるでしょう。

 過ごしやすい季節がやってきました。5月の中ごろには夏みかんまつりも開催され、町は夏蜜柑の花の香りに包まれます。本を片手に、半世紀前澤野が旅した萩の風景に思いを馳せながら町を歩いてみるのもいいかもしれませんね。


【参考図書】

・『旅で逢った人』澤野久雄/著 日本交通公社/発行(昭和45年)

・『たまゆらの緑』澤野久雄/著 学習研究社/発行(昭和52年)

・『日本近代文学大事典 第二巻』日本近代文学館/編 講談社/発行(昭和52年)

・『作家たちの文章で綴る 萩のまち文学散歩』

 萩図書館「文学散歩」制作委員会/ 萩まちじゅう博物館出版委員会/発行(平成26年)

※当館所蔵あり カウンターにて販売中

(写真:令和4年4月撮影)

2022年5月7日土曜日

展示「科学道100冊 in 萩図書館」

 5月4日より

「科学道100冊 in 萩図書館」

の展示をはじめました。


萩図書館にある

科学者の生き方・考え方、科学のおもしろさ・素晴らしさを伝える本が

100冊選ばれています。




科学の本といっても様々です。

月🌛、身体、元素、動物🐄、恐竜🦕、昆虫🐞、宇宙🌌等々。


絵本から専門書まであり、


イラストや写真が豊富なものがあり、


大きさは、大型本から文庫まであります。



  科学への興味・関心・楽しさを持ち、

想像力を抱くような本がズラリと並んでいます。

あなたのお気に入りの1冊を見つけてみませんか? 

2022年5月4日水曜日

展示「書評に載った本」1月~4月

5月1日より、萩図書館1階 階段横にて

「書評に載った本」の展示を始めました📚✨


令和4年1月~4月に新聞各紙に掲載された本のうち、

当館が所蔵している127冊を集めました。

一覧はこちら


掲載新聞は、

朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、

産経新聞、中日・東京新聞 の6紙です。



社会問題や話題の人など、

時代を反映するような本が数多く紹介される書評欄。


不安定な世界情勢が続くなか、

『戦争の文化 上・下』(ジョン・W・ダワー 著)

『図説 世界の地域問題100』(漆原和子 著)

『新しい世界の資源地図』(ダニエル・ヤーギン 著) など

地政学や戦争について詳しく書かれた本も多く並んでいます。


世界のニュースをより理解するためのツールとして

書評に載った本をぜひご活用ください♪


2022年4月30日土曜日

展示:2021年9月~2022年2月文学賞受賞作品

文学賞受賞作品の展示を入れ替えました!
現在展示されているのは、2021年の9月から2022年の2月までの間に文学賞を受賞した作品です📚


芥川賞・直木賞などの有名な文学賞から、こんな面白い賞があったんだと思うようなものまで! 本と一緒に置かれている解説を読むと、受賞作に対する興味が一層深まります!



人気の本は書棚に戻ってくるまで時間がかかりますので、早く読みたい方はカウンターやWEBからご予約をお願いします🏃💨
また、文学賞展示とは別に、本屋大賞の受賞作品、ノミネート作品の展示も行っていますので、そちらもぜひご覧ください✨

2022年4月24日日曜日

絵本を読んで世界地図をつくろう

 4月23日から5月12日までは子どもの読書週間です。

これにちなんで子ども図書館では関連イベント

「絵本を読んで世界地図をつくろう」を開催しています。

子ども図書館には世界のいろいろな国の絵本があります。職員がセレクト

した絵本を選んで借りるか、読んだ後、その本の国の国旗のシールを

大きな世界地図に貼って地図を完成させよう、というイベントです。


さっそく参加していただきました!国旗シールをペタッ!

国の名前は知っていても意外と場所は知らなかったりしますよね。

私たちも勉強になります!('◇')ゞ✨

参加してくれた人にはささやかながらプレゼントもあります。

ぜひ参加してくださいね。絵本を読んで世界を旅してみましょう!!🛫



2022年4月16日土曜日

萩のまちと文学⑧ 兼常清佐

萩図書館のお隣、「萩・明倫学舎」で昨年から、誰でも自由に弾ける“ストリートピアノ”が設置されているのをご存知ですか?

NPO会員の方が寄贈され、来場者から大人気だそうです🎹

歴史ある建物でのピアノ演奏、素敵ですよね。


シリーズ「萩のまちと文学」第8回目は、ピアノをこよなく愛した孤高の音楽学者・兼常 清佐(かねつね きよすけ)をご紹介します。


明治18年、萩市土原に生まれた兼常は、明倫小学校、旧制萩中学校を経て、旧制山口高校、京都帝大哲学科、同大学院に進みます。その後ピアノを学びながらドイツに留学し、作曲と音響心理学を研究しました。文学評論家でもあり、著書に石川啄木や与謝野晶子の評伝があります。


萩で学生生活を過ごす頃には、県下初の図書館である「阿武郡立萩図書館」(萩図書館の前身)が設立され、兼常も足しげく通って勉学に励んだと記録に残っています。

生誕130年にあたる2015年には、萩図書館で記念行事「萩の生んだ音楽界の奇才 兼常清佐」展が開催されるなど、当館ともゆかりの深い人物です。

2015年の特別展の様子。直筆原稿など貴重な資料です。

谷崎潤一郎や宇野浩二、大杉栄に竹久夢二など、名だたる天才たちが住んだ高等下宿「菊富士ホテル」に兼常も3年間滞在しており、そこでの奇人ぶりは有名だったようです。瀬戸内寂聴は兼常の逸話を、小説『鬼の栖(すみか)』で、女主人の聞き書きとしてこう記しています。


変り者という点では音楽評論家で文学博士の兼常清佐さんですね。部屋には音のしないオルガンを置いていましてね、それで終始何かひいているんです。万年床をしきっぱなしで、中将湯が常備薬なんです。五日に一度女が来ていましたよ。(中略)まだ頭角はかくしたまま、蜂の巣のような各々の部屋の中で、自分の中に住む鬼を秘かに養い続けている。…」



研究のかたわら作曲家としても活躍し、昭和9年には当時の「萩市歌」を作曲しています。

失われゆく全国各地の民謡の収集や、ピアノの構造研究でもその名を馳せ、中でも昭和10年に発表した論文「音楽界の迷信」が「ピアニスト無用論」として反響を呼び、大きな物議を醸しました。

文学、哲学、歴史、数学や物理学まで、幅広い見識をもつ兼常の先進的な考えやシニカルな発言は、当時の文学界・音楽界にはなかなか正当に受け入れられず、後世になってようやく高く評価されたという苦労人でもあります。


調べれば調べるほど「奇人エピソード」が出てくる兼常の著書や関連図書も、当館で数多く所蔵しています。ぜひその目でお確かめください。

春の行楽シーズンは、萩が育んだ奇才・兼常に思いを馳せながら、音楽に触れてみるのも良いかもしれませんね。



【主な著作】

『日本の言葉と唄の構造』『音楽概論』『日本の音楽』など

※当館所蔵あり


【参考図書】

『音楽格闘家 兼常清佐の生涯』

  蒲生美津子/著 大空社 ※当館所蔵あり


『兼常清佐 萩が生んだ音楽界の奇才(萩ものがたりVol.48)』

  三好健二/著 一般社団法人萩ものがたり/発行 ※当館所蔵あり


『やまぐちの文学者たち 追補版』

  やまぐち文学回廊構想推進協議会/発行・編集 ※当館所蔵あり


『作家たちの文章で綴る 萩のまち文学散歩』

  萩図書館「文学散歩」制作委員会/編 

萩まちじゅう博物館出版委員会/発行 ※当館所蔵あり カウンターにて販売中


2022年3月30日水曜日

発達障害啓発週間関連展示

1階階段下の展示スペースにて、発達障がい啓発週間関連展示が始まりました。

毎年4月2日は国連が定めた世界自閉症啓発デー、日本では4月2日から8日までが発達障がい啓発週間となっています。

これに合わせて萩図書館では、自閉症や発達障がいに関する資料を集めて展示しています。




「発達障がいについて」、「発達障がいのある人を支援」「発達障がいの人の世界」の3つのテーマに合わせて本を集めていますので、それぞれのテーマの本をぜひご覧ください。



自閉症啓発デーのシンボルカラーは、癒し・希望・平穏を表す「青」となっています💙

4月2日当日にはみなさんも青色を身に着けて、自閉症や発達障がいについて考えてみませんか?