2021年10月4日月曜日

第2回 暮らしに役立つ図書館講座「免疫力をつける 秋冬野菜の育て方」

 9月30日(水)、第2回暮らしに役立つ図書館講座を開催しました。


講師は、一般社団法人 農山漁村文化協会の長谷川貴央さんです。

昨年に引き続きリモートでの開催となりました。


テーマは「免疫力をつける 秋冬野菜の育て方」。

コロナ禍で意識されるようになった「免疫力」をつけるため、野菜を植える適切な時期や栽培方法になどついてお話しされました。



キャベツのわき芽収穫や、サトイモの芽挿しの方法についてのDVDも視聴。野菜栽培の斬新なアイデアに、みなさん熱心に聞き入っていました。


参加者の方からも、質問や意見交換が行われ、大変充実した講座になりました。

講師の長谷川さん、お越しいただいたみなさん、ありがとうございました!


今回の講演で紹介された、野菜作りのコツや裏ワザについては、図書館にも本やDVDの所蔵がございますので、興味のある方はぜひご覧ください!

次回の第3回「暮らしに役立つ図書館講座」は12月8日に開催を予定しております。

テーマは「収納」です。たくさんのご参加をお待ちしております。







萩市男女共同参画推進パネル展

 

10月は、「萩市男女共同参画推進月間」です。

萩図書館では


10月1日より
2階通路にて
「萩市男女共同参画推進パネル展」
を開催しています。


パネル展示のほか、
講演会のチラシや中学生向けのリーフレット、
相談窓口のお知らせなどを置いています。
相談窓口は萩市のほか県の相談ダイヤルも記載されています。


      

図書リストはこちらへ → 萩市男女共同参画推進月間

今月は、男女共同参画について考えてみませんか。





2021年10月2日土曜日

第7回 ぶらり ぶらいんど ぶっくまーけっと

「 ぶらり ぶらいんど ぶっく まーけっと 」を

萩図書館1階エントランスにて10月1日(金)より始めました!



「 ぶらり ぶらいんど ぶっくまーけっと 」は、

読まなくなったけれど捨てられない思い出の本や

誰かに読んでほしいおすすめ本との出会いとお別れの場所です(*^-^*)

萩図書館1階エントランスのテーブルに置いてある誰かの思い出の本と

あなたの思いがつまった本を交換しませんか?

あなたの大切な思い出の本が誰かの宝物に

そして、交換した本が新たなあなたの宝物になるかも知れません。



12月25日(月)まで開催していますのでお気軽にご参加下さい。

ぜひ、お待ちしています♪





2021年9月30日木曜日

夕顔

現在、萩図書館の緑のカーテン🍀は、
夕方になると夕顔の花が沢山咲いています(#^.^#)
毎年恒例のNPO会員・環境美化班が育てられた
緑のカーテンですが、
今年は、朝・昼・夜3種類の花が楽しめるように、
朝顔ゴーヤだけでなく、
夕顔も育てられました😀
暑い夏も一生懸命、水やり、手入れをされて、
綺麗な白い花🌼が咲きました

夕顔と言えば、『源氏物語』(紫式部/著)で
光源氏が病気になった乳母の家に見舞った際、
隣の家に咲く夕顔の花に興味を引かれた
という話で有名です📖

図書館に来られた際は、
是非、夕顔の花にも注目してください!(^^)!

2021年9月29日水曜日

第14回知的書評合戦ビブリオバトル

9月26日(日)に「第14回知的書評合戦ビブリオバトルin萩」を開催しました。

今回はコロナ禍ということで、挑戦者(バトラー)はzoomでも参加募集をしたところ、市外から4名の方の参戦があり、会場での挑戦者はお一人という今までとは違った形になりました。

発表者は…



田中さん
『ねんどの神さま』
那須 正幹/作












倉迫さん
『イノベーターたちの日本史』
米倉 誠一郎/著










今野さん
『それでも僕は夢を見る』
水野 敬也/著









徳重さん
『公務員試験 最初でつまづかない数的推理』
佐々木 淳/著



松尾さん
『きょうはなんのひ?』
瀬田 貞二/作
















絵本から実用書まで、様々なジャンルの本があり、自分の体験や著者の経歴を踏まえたお話など、挑戦者のみなさんの熱意のこもった発表をされ、どの本も読んでみたいなと思いました!

そして、栄えあるチャンプは…

『きょうはなんのひ?』を紹介された松尾さんです👑
ご自身の読み聞かせの体験談を交えたとても楽しいお話でした!


次回のビブリオバトルは、
10月24日図書館まつりで開催される「第4回ビブリオバトルチャンプ本山口県大会in萩」です。

今回の大会を含めた県内のビブリオバトルでチャンプになった方の大会です。
観戦ご希望の方は、申込先着順(20名)ですので、ぜひお申し込みいただき、ご参加ください。

2021年9月14日火曜日

萩のまちと文学 ①国木田独歩

今年は国木田独歩生誕150年です。

 独歩生誕150年記念イベント「フォト・エッセイコンテスト」(やない独歩クラブ/主催)が開催され、当館のI職員の「独歩との対話」がエッセイ部門において佳作に選ばれました🎊。I職員は独歩の作品について「奇抜な登場人物でも、風変わりな展開でもない。それでも、読んだ人の心を掴んで離さない独歩作品の純朴な魅力は、独歩が小民に対して理想を抱き、彼らを作品に残したいという強い意志を持って作品を記しているからなのだろうと感じた。」と述べています(山口新聞 令和3年8月30日に全文掲載)。

 そこで、明治の文豪・国木田独歩が萩のまちに残した足跡を紹介します。(国木田独歩についてはこちら

 独歩は、幼少期を6歳(明治9年)から18歳(明治21年)まで、裁判所で働く父の転勤に伴い山口県で過ごしました。

 国木田家が萩市に滞在していたのは、独歩が6歳(明治9年11月~明治10年1月※父・専八のみ萩に住んでいたとも言われる)と15歳から18歳(明治18年9月~明治21年10月)です。15歳で山口中学校に入学し寄宿舎に入っていた独歩は、長期休暇には萩に帰省しています。国木田家は瓦町や恵美須町界隈に住んでいました。

 山口市から萩に帰る時の様子を独歩は「画」(遺稿)の中で次のように書いています。

 「予が寄宿せる中学は父母の家を隔つる八里余の都会にあり、夏季休暇に帰省し冬季休暇に帰省す。八里の道程ただ山のみ、急坂斜に山腹を辿ることあり、深谷を下瞰して泡立つ渓流、湛へし淵、糸の如く懸る瀑を看て行くことあり、参差たる灌木の林に包まれて路傍に立つ茅屋を顧ることあり。鈴の音を山彦に響かせて煙草スパスパ、放歌朗々、向ひの山かげを来る駄賃馬子に出遇ふことあり。」

 一里=3.927Kmなので、八里=31.416Km。萩往還の萩から山口までの距離が約32Kmなので、大体同じです。独歩がどこを通った時の様子を記したのかは分かりません。『画の悲しみ』の中で、主人公と友人が中学校の寄宿舎から村落に帰る時の描写で、

「某町から我村落まで七里、もし車道をゆけば十三里の大迂廻になるので我々は中学校の寄宿舎から村落に帰る時、決して車に乗らず、夏と冬の定期休業ごとに必ずこの七里の途を草鞋がけで歩いたものである。七里の途はただ山ばかり、坂あり、山あり、渓流あり、淵あり、滝あり、村落あり、児童あり、林あり、森あり、寄宿舎の門を朝早く出て日の暮れに家に着くまでの間、…」

 この文章から独歩は山口から萩に帰る時、萩往還を通っていたのではないかと思われます。

『画の悲しみ』では主人公と友人が郷里に連れだって帰る時の様子が描かれていますが、実際独歩は萩出身の友人と連れ立って萩に帰省していたようです。萩出身の友人・国弘栄一が日清戦争で負傷した時には『年少士官』という文章を書いています。国弘栄一は、昭和19年でその生涯を終えましたが、晩年は川島の自宅で余生を過ごしたようです。

 最後に、独歩の家族の足跡を紹介します。

父・専八が勤務した萩地区裁判所跡には現在山口地方裁判所萩支部があります。


弟・収二は、萩滞在中は明倫小学校に通っていました。
その校舎は現存していませんが、その跡地に建て替えられた校舎は
現在、萩・明倫学舎となり沢山の観光客が訪れています。

 こうして、国木田独歩の足跡を辿ると、今まで知らなかった萩のまちの発見ができました。

 これからも、「萩のまちと文学」では、萩のまちとゆかりのある文学や作家たちを紹介していきます😀。


参考図書:

・『国木田独歩ー山口時代の研究』桑原伸一/著 笠間書院/発行 ※当館所蔵有

・『作家たちの文章で綴る 萩のまち 文学散歩』 萩図書館「文学散歩」制作委員会/編集

  萩まちじゅう博物館出版委員会/発行           ※カウンターで販売中




2021年9月4日土曜日

展示「書評に載った本」5~8月

9月1日より、萩図書館1階 階段横にて

書評に載った本」の展示を始めました!📚✨


令和3年5月~8月に

新聞各紙に掲載された本のうち、

当館が所蔵しているものを集めました。


掲載新聞は、

朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、

産経新聞、中日・東京新聞 の6紙です📰


社会問題や話題の人など、

タイムリーな本が数多く紹介される書評欄。

コロナ禍の時代を象徴するような本が並んでいます。



時流を知り、新たな興味の幅を広げるツールとして

書評に載った本をぜひご活用ください🎶