2020年9月28日月曜日

🎨「アートな本棚」第13回         萩市出身の歴史人物画家 内田青虹

秋の七草、桔梗は、青紫色の可憐な花です。
 「水色桔梗」明智家の家紋です。
この明智家にルーツを持つ
 萩市出身の歴史人物画家
 内田青虹さんの展示
 を9月21日(月)より
「アートな本棚」で展示しています。
 
プロフィールや萩市内作品展示場所案内


その他2階参考図書コーナーの
『美術年鑑』などにも
掲載箇所に栞を挟んで紹介しています。
桔梗シールが目印です。

桔梗の花の季節
 青虹さんの描かれた、歴史人物画を鑑賞して
歴史上の人物に思いを馳せてみませんか!

2020年9月23日水曜日

第13回 知的書評合戦ビブリオバトル

新型コロナウイルス感染症の影響で延期しておりました
ビブリオバトル9月19日に開催しました(^-^) 

発表者は…

堀部さん
『椿山課長の七日間』 
浅田 次郎/著
井上さん
『変身』 
フランツ・カフカ/著
三戸さん
『最後の瞬間のすごく大きな変化』
グレイス・ペイリー/著

得重さん
『図解 かけ算とわり算で
面白いほどわかる微分積分』
佐々木 淳/著
中野さん
『明け方の若者たち』
カツセ マサヒコ/著
みなさんの紹介される本への熱い思いが伝わりました。
小説や実用書などバラエティに富んだジャンル、
ご自身の体験談や社会情勢を踏まえた個性あふれる発表で、
どの本も読んでみたい!!と思いました(*‘ω‘ *)

そして、栄えあるチャンプは…

『図解 かけ算とわり算で面白いほどわかる微分積分』を
紹介された得重さんです👑
ユーモアあふれる発表で、笑いが起こる場面も(^▽^)/

おめでとうございます!!!


次回のビブリオバトルは
10月25日の第3回ビブリオバトル山口県チャンプ大会です。

今回の大会を含めた県内のビブリオバトルで
チャンプになった方の大会です!!
観戦者も申込が必要ですので、
観戦希望の方は、申込をよろしくお願いします。


2020年9月15日火曜日

令和2年度 第2回暮らしに役立つ図書館講座 「コロナ禍の時代、複合災害に備える」

令和2年度 第2回暮らしに役立つ図書館講座を

9月9日に開催しました。


講師は、萩市地域防災マネージャーの

福井 俊寛(ふくい としひろ)さんです。


複合災害とは、複数の災害がほぼ同時期または復旧中に 

 起こることを指します。

コロナ禍の現在だからこその備えについてお話をうかがいました。



災害対策の基本

    自助 自分の命は自分で守る

    共助 家族、隣近所、自主防災組織、企業等で共に助けあうこと

    公助 行政による救助・支援              

                          

 その割合は、自助:共助:公助=7:2:1


救助をあてにするのではなく、自らが何をすべきか、

考えて備える必要があります。


普段からできることとして、

住んでいる地域の災害別のハザードマップの確認、

非常食などの自分や家族に適した防災グッズの準備など、

あらゆる視点からの備えがあることを教わりました🎒


萩図書館の行政資料コーナーに、最新版『萩市避難場所一覧表』を

置いております。ぜひご確認を!


萩市の防災メールを未登録の方は、

ぜひこの際にご登録ください。

防災メール登録: hagi@xpressmail.jp




その上、忘れてはいけないのがコロナ対策です。


非常持出品に、マスク・消毒液・体温計・

名前を書いたスリッパを入れる、

安全が確保できるなら、親戚や知人の家なども含めた

在宅避難、テント泊、車中泊なども考慮するなどの

新しい体制が必要とのことです!


「いつか、必ず起こる自然災害」

という意識で準備するのが大切とのこと。


1時間があっという間の盛り沢山の

貴重なお話をありがとうございました(✿◡‿◡)


次回は、12月9日(水)に、

萩市ビジネスチャレンジサポートセンターはぎビズ

センター長 獅子野美沙子さんがいらっしゃいます!


どんなお話が聞けるか、次回も楽しみです!o(^▽^)o


2020年9月1日火曜日

ティーンズ展示 国語のチカラ

 夏休みも終わり、受験生のみなさんはこれから本格的に入学試験の勉強に身が入る時期ではないでしょうか?

そんな受験生に向け、学力UPと息抜きを兼ねた本(中学受験、公立高校入試試験で出題された文学作品)を展示しています。


試験に出てくる文学作品と聞くと、なんだか気が進まないかもしれませんが、読むと面白く役立つ本ばかり!

今の受験生はもちろん、未来の受験生・昔の受験生も、こちらの本をお読み頂き新しい知識と感動をどうぞご堪能ください(^0^)


2020年8月20日木曜日

ワークショップ「本の修理」を開催しました!

 

8月19日(水)山口県立山口図書館企画・連携グループの司書、上別府友希さんを講師にお招きし、本の修理のワークショップを開催しました。

まず、「破れた本を修理するだけでなく、できるだけオリジナルの形を残すように本を扱うことが大切です。」という心構えと説明を受けた後、実際に和紙とのりを使った修理の実践を行いました。


 薄い和紙と厚い和紙を修理箇所に合わせて使い分けます。慎重に、慎重に・・・


応用編として、濡れてしまった本の乾かし方、ばらばらになってしまったページを糸で綴じる方法などの説明もありました。参加者の方が積極的に質問をしている姿も見られ、あっという間の2時間でした。

暑い中集まっていただいた参加者の皆さん、ありがとうございました! 今後の萩図書館のイベントにもご期待ください。

 

 

2020年8月18日火曜日

複合災害に備えよう!

 

 コロナ禍の今、複合災害にご注意です! 


複合災害とは、複数の災害がほぼ同時期、または復旧中に

起こることを指します。 

 

今年7月、萩の見島も50年に一度の 記録的な大雨に見舞われました。

九州では、感染リスクを避けながら、

いまなお避難所生活を続けていらっしゃる方々もいます。

 

避難時においても、新しい対応が必要となっています。

 

萩図書館では、来る月9日(水)(救急の日)に、

「第2回 暮らしに役立つ図書館講座として、

防災についての講演会を行います( •̀ .̫ •́ )✧

 


地域防災マネージャーをされている、

萩市職員の福井俊寛さんをお迎えし、

現在求められる複合災害の備えについてお話をうかがいます!

皆さま、ぜひお越しください。

 

そして、講座に先立ち、階段下の展示コーナーで、

「複合災害に備えよう!」という展示も行っています📚

 

 

『じしんのえほん』(国崎信江/著)

『「もしも」に役立つ!おやこで防災力アップ』(今泉マユ子/著)

『外国人住民のための防災ハンドブック やさしい日本語版』(山口県国際課)

 

図書リストはこちら

 

など、他にも、あらゆる視点からの防災に関する本を集めていますので、

ぜひお手にとられてみてください(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

第5回 ペーパークラフト


8月2日に、第5回ペーパークラフトを開催しました!

会場準備中…

 講師は読書普及協会チーム山口の倉迫一男さんです。 

 今年は、ねずみ年ということで、ネズミやハリネズミ、そしてウサギ、ウシ、ネコなどを作りました。 

出来上がったペーパークラフト

切ったり、折ったり、難しい部分に苦戦しながら、それぞれ作りたいものが完成しました!
今回はハリネズミが人気でした(*・∀・*)

「おうちでも作ってみたい」と、時間内に出来なかった動物を持って帰られる方もいらっしゃいました。
みなさん楽しく作れたようで、良かったです(^^♪