2019年5月16日木曜日

🎨「アートな本棚」            第6回 萩の写真家 下瀬信雄

絵画 書道 彫刻 版画 写真 工芸 音楽 演劇 映画 などなど
美術関係の本棚には楽しい本がいっぱいです(。・ω・。)ノ♡
 
そんな本たちをご紹介する「アートな本棚」
第6回目のテーマは
 
山口県立美術館で開催される下瀬信雄展によせて
 
📷 「萩の写真家 下瀬信雄」です 📷

5月13日より
 
「闘病記・介護記コーナー」横にて展示しています。
 
 
下瀬信雄さんは
 
写真界の直木賞ともいわれ、優れた写真家に贈られる
 
土門拳賞を受賞されていますが
 
萩市では写真タジオを営まれるかたわら
 
長州藩の天才科学者 中島治平が書いた写真技術の写本
 
「ホトガラヒーノ説」の再現実験をされたりと
 
さまざまな方面で活躍されています。
 
「アートな本棚」では、素晴らしい写真集と合わせ
 
下瀬信雄著『下瀬写真館の春夏秋冬』などの関連本や
 
「下瀬信雄氏のこれ知っちょる?」のコーナーも展示し

ご来館をお待ちしております。
 
 
その他
 
「アートな本棚」では展示の他に
 
土門拳写真集や山口県出身写真家の写真集
 
かわいい動物の写真集などなど
 
写真集の本棚も紹介しています。
 
 
 
棚30の表示が目印です。

 
  

2019年5月4日土曜日

書評に載った本

書評に載った本の展示をはじめました。
掲載新聞は、朝日・毎日・読売
日経新聞・産経・東京・中日新聞。
掲載時期は1月~4月分です。

 
 
小説では、推理・ミステリーが多く取り上げられており、
歴史は、磯田道史『日本史の探偵手帳』や明治維新関連のもの。
社会・時事は地面師、安田純平さんのシリア拘束について、
東日本大震災関連のものなどが取り上げられています。
展示は6月末までです🍃

2019年5月2日木曜日

こどもの読書週間

こどもの読書週間では、
「絵本でしりとり列車をつくろう」
「占いの部屋」を行っています。
 
しりとり列車はこんなに長くつながりました。
5月12日までどこまでつながるのか楽しみです。

 
子どもたちは、テントで作られた占いの部屋入るまでは
どきどき緊張した面持ちでしたが、
占ってもらったあとは当たってる!こんなこと言われた!と
大興奮の様子でした。


占いの部屋は、5月5日にも行いますので
体験してみたい子はぜひ遊びにきてください✩
 
 しりとり列車は、5月12日まで行っています。
 

2019年4月11日木曜日

展示 新元号「令和」と『万葉集』

新元号が「令和」と発表され、その出典先である『万葉集』が注目されています。
 

4月2日の新聞コーナーです

万葉集は、奈良時代に完成した日本最古の歌集であり、二十巻に約四千五百首を収られています。
作者は、皇族・貴族から庶民に至る広い階層にわたっていおり、その素朴でおおらかな歌風は、『古今和歌集』以後の歌に大きな影響を与えました。

「令和」は、大伴旅人が開いた梅花の宴で詠まれた歌の序文から採用されました。
(詳しくは、展示で紹介しています。)

この展示では、万葉集全集や万葉集に関する本、元号に関する本などを展示しています。
場所:本館1F カウンター前 

山口県内の万葉歌碑もマップにしています。
改元にあたり、『万葉集』を通して、古代の人々の思いを感じてみませんか?

ぜひ、ご覧ください(^0^)。

2019年4月8日月曜日

平成のベストセラー

棚3では「平成のベストセラー」展示を行っています。

新年号「令和」が発表され、
5月1日からいよいよ新しい時代が始まります。
本を通して平成30年間の人々の興味・関心を振り返ってみませんか?

  
 
合わせて、萩図書館の平成30年間の貸出ベストも
貼り出していますので合わせてご覧ください🌸 

2019年3月28日木曜日

NPO萩みんなの図書館活動報告展

萩図書館1階ゲート前にて、
平成30年度NPO萩みんなの図書館活動報告展を3月15日より展示中!

 
今年度の行事と会員の班活動の様子を紹介しています。
 
期間は4月30日(火)までです。
 
 
 
萩図書館では会員を随時募集しております。
 
 詳しくは報告展の緑色のパネル横に申込書を置いております。
 
興味のある方はご記入の上、カウンターまでお持ちください。
 
お待ちしております。
 
 
 

2019年3月26日火曜日

発達障がい啓発関連展示

4月2日は世界自閉症啓発デーです★
 
自閉症をはじめとする発達障がい周知のため、
世界中で様々な取り組みが行われています!!
 
日本では4月2日から4月8日を発達障がい啓発週間とし、
発達障がいについて理解を深める活動をしています。

萩図書館でも発達障がい啓発関連展示を始めました。 
周りの人の支援の方法が書かれた図書
発達障がいの方の著書展示しています(*^。^*)
発達障がいの方を描いた絵本もあります!!


萩図書館1階で展示しています!!
青色の看板が目印です!
是非、ご覧ください!!


2019年3月25日月曜日

わらべうた遊びでふれあいを!!

3月21日の萩図書館開館記念日は
「わらべっこの集い」代表の加藤ときえさんをお招きし、
「わらべうた遊びでふれあいを!!」を開催しました。
 
 
🌷第1部は親子向けとして、
親子で一緒に楽しめるわらべうたを教えてもらいました♬
一緒に歌って遊んで、たっぷり親子の触れ合いを楽しみました。
布や人形を使ったわらべうた遊びに子どもたちは大喜びでした。
 
どのわらべうたもちょっとした時間にできるので
今後も親子で楽しんでもらいたいです。
 
🌷第2部は大人に向けてお話していただきました。
声に出したり指を使ったり、頭を使ったり
脳トレになるようなわらべうたに
大人も笑顔で楽しむ様子が見られました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました🌸
 



2019年3月15日金曜日

行事「わらべうた遊びでふれあいを!!」関連展示

3月21日(祝・木)に行う行事
「わらべうた遊びでふれあいを!!」の関連展示をしています。
 
 
講師 加藤ときえさんの著書やその他わらべうたや手遊びに関する本を
展示していますのでぜひご覧ください🌷
 
 
当日第1部は親子向け、第2部は一般を対象として
ふれあい遊びのできるわらべうたをたくさん紹介していただきます♬
一緒にわらべうたを楽しむ時間もあります。
みんなで歌って体を動かして楽しみませんか?
ぜひぜひご参加ください。

チラシはこちら 

2019年3月2日土曜日

布製カレンダー

ふきのとう文庫 さんより、布製カレンダーをご寄贈いただきました。
子ども図書館の時計下に設置しました。

 
 
子ども図書館の休館日にあわせて火曜日の数字をにしています(*^-^*)
 
ひと目で見てわかりやすくなりましたよ。
 
 
ふきのとう文庫 さん素敵な布製カレンダーをありがとうございました。
 
このほかにも ふきのとう文庫 さんが作られた布絵本もあります♪
 
ぜひ、子ども図書館にいらして、実際に手に取ってご覧ください(^O^)/
 

2019年2月19日火曜日

しっちょる?萩

2月18日より児童書展示を
 
『しっちょる?はぎ』にしました。
 
知っているようで知らない萩を再認識する事が出来ます。

萩市出身の岩崎千夏さんが書かれた

絵本『タキワロ』など

たくさんの本を展示しています(*'▽')

他にも萩に関連するコミックなど楽しい本が沢山あります♫
 
子ども向けの展示ですが、
 
分かりやすい本ばかりですので大人の方にもおすすめです。
 
親子で楽しむ事の出来る展示となっております(*'ω'*)
 

目印はこちらの看板です↓↓↓ (松陰先生がいます!他に誰がいるかな?)
 

 
お待ちしています♪

    講演会「家庭菜園で作れる夏野菜」

 第4回  暮らしに役立つ図書館講座を

2月14日(木)に開催しました。


講師は、農業専門誌を多数出版されている
一般社団法人農山漁村文化協会職員の 三輪 里子 さんでした。

 
三輪さんは、各地の農家を実際に
見て回られ取材をしていらっしゃいます。
 
 
はじめに、萩市の玉ねぎ農家さんの記事を紹介されました(^^)
 
 
今回の講演会では「家庭菜園でつくる!夏野菜のコツと裏ワザ」
をお話されました(*^-^*)
萩図書館にも所蔵のあるDVDを使ってコツを解説されたり、
雑誌「現代農業」で紹介されたちょっと得する裏ワザなど、
盛りだくさんなお話でした。
 

また、講演会でお話された夏野菜などの関連のある
本やDVDの展示を階段下で行っています。
ぜひ、手に取ってごらんください。
 
 
今回の講演会も多くの方々にご来場いただき、ありがとうございました。
 
来年度もみなさまのお役に立てるイベントや
講座を開催していきたいと思っています(^O^)

 
 
 
 
 
 


2019年2月8日金曜日

展示「藩校明倫館の教育」


今年は、第17回藩校サミット 萩大会(2019年11月30日~12月1日)が開催されます。

それに伴い、2階の展示ケースで萩藩校・明倫館に関する資料を展示していますo(*^▽^*)o。(展示期間:~2019年12月31日)



萩藩校・明倫館は、1719年(享保4年)に第5代藩主吉元によって創建され、1849年(嘉永2年)に第13代藩主敬親によって現在の場所(現 萩・明倫学舎)に拡張移築されました。

初等教育と高等教育の諸教育が行われていた総合学園であり、総合大学でもあり、吉田松陰も明倫館で教鞭をとっていました。

今回は、明倫館の学生たちが、どのような書籍を読み、どのうような学習時間割、および寮生活を過ごしていたかが分かる資料を展示しています。
  
是非、お立ち寄りください(^0^)。











2019年2月7日木曜日

確定申告に役立つ本

確定申告の時期になりましたね。
今年は2月18日(月)からスタートです。
萩図書館では確定申告に役立つ本、税金に関する本を
集めたコーナーを設けています。
 
 
そのほか、インターネットで確定申告ができるe-Tax
説明パンフレットなども用意しています。
 

 
階段前の柱のコーナーです。
このポスターを目印にしてください。

 

2019年2月2日土曜日

🎨「アートな本棚」            第4回 山口県出身の映画監督

絵画 書道 彫刻 版画 写真 工芸 音楽 演劇 映画 などなど
美術関係の本棚には楽しい本がいっぱいです(。・ω・。)ノ♡
 
そんな本たちをご紹介する「アートな本棚」
第4回目のテーマは
 
🎬 「山口県出身の映画監督」です 🎥

萩市出身の門田龍太郎監督や
 
萩市を舞台に描かれた佐々部清監督作品など
 
「闘病記・介護記コーナー」横に展示しています。

期間は12月30日~2月末までです。
 
 
 
「アートな本棚」では展示のほかに
 
日本や世界の映画史や映画監督・俳優など
 
映画関係の本棚を紹介しています。
 
 
棚31の表示が目印です
  
好きな映画や監督・俳優の本が発見できるかも!

その他
山口県が舞台の映画等のDVD・CD・ビデオも
カウンター横の視聴覚コーナーにあります
 
  
山口県出身の映画監督の
プロフィール紹介もありますので
ご覧ください
(。・ω・。)ノ♡

2月17日(日)・2月24日(日)に
萩市出身の門田龍太郎監督作品の
上映会も無料で開催しますので
ぜひお越しください。
詳しくはこちら
 
 

2019年1月19日土曜日

おしょうがつ会

1月12日におしょうがつ会を行いました。 
お正月に関連した読み聞かせからはじめました。
紙芝居『おひさま、あけましておめでとう』(すとう あさえ/脚本、童心社)
絵本『ぎゅうって だいすき』(きむら ゆういち/さく、偕成社)
大型絵本『もちづきくん』(中川ひろたか/作、チャイルド本社)
絵本『おふくさん』 (服部美法/ぶん・え、大日本図書)
 
年齢別に分かれたカルタ取りは、集中!白熱でした!!
 最後に会員手作りの福笑いをしました。
みんなそれぞれ愉快な顔が出来上がりました♡
初笑いでみなさまに福がきますように✨
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
 
3月21日に親子向けのイベント
「わらべうた遊びでふれあいを!!」があります。チラシ
みなさまのご参加お待ちしています。 


展示「捕鯨」

昨年12月27日、日本政府はIWC脱退を表明しました。
 
見島、長門をはじめ、北浦地域では古くから捕鯨を行っていました。
 
今回 萩図書館では、捕鯨文化についての本を展示しています。
 
 
 
長州藩は、「鯨組」という組織で捕鯨を行っていました。
 
当時、見島は北浦最大の鯨漁場でした。
 
しかしやがて不漁で負債が膨らんだ「鯨組」は、
廃藩置県の後、独立をします。
 
北浦地方には、鯨に因んだ地名も多く残っています。
 

(これらの本参照)
 
幕末、ペリーが開国を求めて来航したのも、
米国の捕鯨業が大きく関係しています。
 
 
(こちらの本参照)
 
萩市の捕鯨の歴史はもちろん、世界の捕鯨の様子や、
捕鯨船になった船の絵本も展示してあります。
 
ぜひ、お手にとってご覧ください。