2018年10月18日木曜日

手塚治虫制作アニメーション上映会

「アートな本棚」の展示「~生誕90周年~手塚治虫」に合わせて、手塚治虫制作アニメーション『ある街角の物語』の上映会を行っています。


この作品は、「毎日映画コンクール」の中で著名な「大藤信郎賞」を受賞した作品です。
平和への願いが込められた作品となっていますので、子供から大人まで楽しめます。

次回の上映会は10月21日に、午前11時と午後3時です。入場制限などございませんので、ぜひ見に来てください!

また、上映した作品はDVD貸出も可能ですので、お家で見ることも出来ます(*'ヮ'*)

第1回 ビブリオバトル チャンプ本 山口県大会 in萩 観戦者募集

第1回 ビブリオバトル チャンプ本 山口県大会in萩を
図書館まつりで行います!
 日時:10月28日(日) 14:00~16:00 
    場所:本館2階

今年度、山口県で行われたビブリオバトルのチャンプたちが集まり、各大会のチャンプ本でバトルします。(^-^)o

萩図書館職員も参戦する為にもビブリオバトルを行いました。


その結果、『じつは、わたくしこういうものです』(クラフト・エヴィング商会/著 平凡社)がチャンプ本に輝きました。

第1回ビブリオバトル チャンプ本山口県大会in萩、見逃せない一戦になりそうです(^○^)

多くの方の観戦をお待ちしています。

2018年10月8日月曜日

椅子を置きました

書架に荷物置き等として使える椅子を置いています。

 
本を選ぶときに手荷物を置いたり、
低い棚の本を選ぶときにちょっと腰掛けたりと活用してください



図書館まつり ー占いの部屋ー

10月28日(日)は図書館まつりを開催します。
今年も盛りだくさんの内容でみなさんの
来館をお待ちしています♬
 
わくわく子ども図書館では、
14時~16時まで「占いの部屋」を実施します。
小学生対象で、名前・誕生日・血液型・性格どれかひとつから占います。
萩図書館きっての占い師による占いを体験してください🔮
先着10名にはラッキーしおりのプレゼントもあります!
ぜひ遊びにきてください。
詳しくはコチラ


2018年10月5日金曜日

講演会:『広辞苑』を編んだ新村出とやまぐち

9月29日に行った講演会について報告します。
台風の影響が心配されましたが、多くの方にご参加いただきました。
講師は、山口県立大学教授 安光裕子(やすみつひろこ)氏です。
 
 
多くの方が、『広辞苑』を編んだ人物が山口県出身とは御存知なかったようで、
大変興味深い講演会となりました。
先生のお話も楽しく、和やかな会となりました。
 
 

京都にある新村出の旧邸宅である重山文庫はなんと
木戸孝允の邸宅を譲り受けて移築したものだそうです。
新村出と萩市も無関係ではない事にとても驚きました。

萩図書館では、まだ他にも楽しい講演会を予定しております。
皆さま是非お越し下さい。
 

男女共同参画推進月間関連展示

10月は男女共同参画推進月間です。
2階通路で関連展示をしています。
 
 
図書やパネル展示のほか、
講演会のチラシや中学生向けのリーフレット、
相談窓口のお知らせやしおりなどを置いています。
相談窓口は萩市のほか県の相談ダイヤルも記載されています。
 
 
今月は、男女共同参画について考えてみませんか。


2018年10月4日木曜日

ノーベル医学・生理学賞

今年のノーベル医学・生理学賞を
山口県出身の本庶 佑(ほんじょ たすく)さんが受賞されました🎊
 
カウンター前で、本庶さんの著書と
オプジーボ(ガン治療薬)に関する図書を展示しています。
 
 
どうぞ、ご覧ください。

2018年10月3日水曜日

萩市民大学教養講座

 京都大学ips細胞研究所所長 山中伸弥さん、
 シドニー五輪女子マラソン金メダリスト高橋尚子さんを講師に
萩市民大学教養講座が行われます。
 
そこで萩図書館では、講師お二人に関する本を集めて展示しました!!


実は講師のお二人、🏃マラソン🏃という共通点があるんですよ。 
高橋さんはもちろん金メダリストとしてとても有名ですが、 山中教授もフルマラソンを走られており、陸上雑誌にも掲載記事が!!




展示場所は萩図書館1階階段下展示コーナーです。
この機会にぜひ手にとってみてください。



2018年9月27日木曜日

文学忌 山崎豊子

文学忌9月期は山崎豊子です。

 
山崎豊子は、『花のれん』で直木賞を受賞し、
綿密な取材に基づく社会派の作品を多く手がけました。

代表作の『大地の子』『白い巨塔』『沈まぬ太陽』などをはじめ
関連する本を展示しています。
『沈まぬ太陽』は映画化されたDVDもあります。


どうぞご覧ください👀


敬老の日 読書のすすめ

敬老の日(9/17)にちなんで、
”心豊かに生涯読書”と題しておすすめの本を展示しています。
 
 
おすすめ本のリーフレットもあります。
どうぞ手に取ってご覧ください👴👵


2018年9月25日火曜日

講演会「あなたの畑には まだ知られていない力がある」

「第2回暮らしに役立つ図書館講座」を9月12日に開催しました。
    みなみ かつゆき
講師は、陽 捷行氏(北里大学名誉教授、生き物文化誌学会会長、
公益社団法人 農業・環境・健康研究所 農業大学校校長)で、
かなや
金谷天満宮(萩市)の次男坊を自称されています。

土壌の微生物と私たちの健康の関連についてお話頂きました。

土壌の微生物と腸内の微生物が同じような働きをしていることはご存知ですか?
土壌の微生物は、生物の死がいや枯葉を分解し、植物の根に栄養を供給します。
腸の中の微生物は、腸に運ばれてきた食べ物を分解して栄養とし、セロトニンやドーパミンを合成します。セロトニンとドーパミンは、幸福ホルモンと呼ばれ、これらが不足すると、私たちの心は病気になります。
土壌に生きている微生物は、そこに根を張る植物を成長させ、大腸の微生物は私たちの体や感情を作ります。
私たちは、土壌から生育する植物と、それを食べる動物を食べて生きています。
私たちの健康には、地球上の土壌が健康かどうかはとても重要な事です。





お話は、農業・環境・健康など多岐に渡りました。

ユーモアをまじえたお話しを、多くの方が熱心に聴講されていました。

講師の著書は、2階郷土資料コーナーに配架しています。
興味を持たれた方は、ご覧ください。





2018年9月13日木曜日

🎨「アートな本棚」             第2回~生誕90周年~手塚治虫始まりました♫

絵画 書道 彫刻 版画 写真 工芸 音楽 演劇 映画 などなど
美術関係の本棚には楽しい本がいっぱいです(*´▽`*)

そんな本たちをご紹介する「アートな本棚」。
第2回目のテーマは、


「 ~生誕90周年~  手塚治虫 」です。

「マンガの神様」と評され、多くの人々に影響を与え、
絶大な尊敬を集める手塚治虫。

様々な作品の世界をのぞくとなにか感じるものがあるかもしれません。

あなたはどんなメッセージを受け取りますか?


たくさんある作品の中から図書館職員が選んだ
手塚治虫に関する本やDVDを

「闘病記・介護記コーナー」横にて展示しています。


展示期間は9月8日~10月中旬までです。

漫画だけではない、
手塚治虫のことをもっと知っていただければ・・・♫


選びきれなかった手塚治虫の本もたくさんありますが、
そのほかのマンガ家のおすすめ本もたくさんあります。

「マンガ家の本ココ」の表示でおすすめしています。
ぜひ、手にとってみてください。

秋の夜長のお供にどうぞ。

2018年9月6日木曜日

書評に載った本(5月-8月掲載分)

書評に載った本の展示をはじめました。
平成30年5月-8月掲載分の中から当館に
所蔵しているものを展示しています。
 
掲載新聞は、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞
日本経済新聞、産経新聞、中日・東京新聞です。
 
 
明治維新150年に関連した
『明治維新とは何だったのか』(半藤一利、出口治明/著)
『明治の技術官僚』(柏原宏紀/著)
 
映画が話題になった『万引き家族』(是枝裕和/著)
 
読書についての
『読書という荒野』(見城 徹/著)
『優雅な読書が最高の復讐である』(山崎まどか/著)
 
その他、社会・時事や経済、動物学、食文化、音楽、
小説・エッセイなど様々な分野の本を展示しています。
秋の夜長にどうぞ本をお楽しみください✩

児童書展示 ”子どもの本” 総選挙

児童書展示コーナーを変更しました。
今回の展示は ”子どもの本”総選挙 で選ばれた本を集めてみました^^

小学生がえらぶ! ”子どもの本” 総選挙とは、
2017年11月から投票が始まり、締め切りは2018年2月までで、
2018年5月に結果が発表されました。
投票資格があるのはもちろん小学生でした!
出版社が行ったこの「小学生がえらぶ! “こどもの本” 総選挙」は、
こどもたちに読書を好きになってほしい
という想いからスタートしたようです!
詳しくはこちら


どんな本が選ばれるのかとワクワク♡していました!
やはり、萩図書館でも人気の本がたくさん選ばれていましたよ^^!



こちらの看板が目印です ☟ 

人気の本ばかりなので、
読みたい本が見つからない場合は予約をおススメします(^_-)-☆

2018年8月21日火曜日

『広辞苑』を編んだ新村出とやまぐち

2015年に還暦を迎えた『広辞苑』。

編者の方は山口県出身だったと言うのは御存知でしょうか?
 

新村出は「賢県令」と呼ばれた山口県令

関口隆吉の次男として産まれます。

この関口隆吉は、前原一誠の友人で「萩の乱」を起こす時に

彼を押し止めようとした人物です。


『広辞苑』の編者、新村出と山口との関わりや

文学者(歌人)としての一面について楽しいおはなしを

聞く事が出来る講演会に是非お越し下さい。

詳しくはこちらまで。

職員一同お待ちしています。
 

展示 「電磁波って何だろう?」

近年、電磁波の人体への影響を心配する声をよく耳にします。
私たちの身の回りには電磁波を使った電化製品があふれていて、そんな電化製品なしの生活を送るのは困難です。
では、私たちは電磁波がある生活を安心して過ごすにはどうしたら良いのでしょうか?

そこで、電磁波に関しての本やパンフレットを展示しています。

期間: ~10月31日
展示場所:本館1階雑誌コーナー付近
パンフレットは、ご自由にお取りください。
(電磁界情報センター樣よりご寄贈頂きました。)
「電磁波とは何だろう?」「電磁波の人体への影響には、どんなことがあるんだろう?」と興味を持たれたら、是非こちらの展示にお立ち寄りください。


2018年8月17日金曜日

文学忌 立原正秋

8月期の文学忌は立原正秋です。
水仙を好んだことから、水仙忌と呼ばれています。

 
独特な美意識と叙情性にあふれた作風で人気を集め、
多くのベストセラーを生み出しました。
『白い罌粟(けし)で直木賞を受賞しています。

著書のほかに朗読CDも展示しています。
ぜひ、この機会に立原正秋の作品に触れてみてください📖 

2018年8月9日木曜日

『千年の田んぼ』の著者が語る見島に秘められた古代の謎を追いかけて

8月7日(火)に、ライターの石井里津子さんをお迎えし、
見島に秘められた古代の謎について
講演をしていただきました(#^^#)

石井さんは、『千年の田んぼ』の著者です。
この本は、今年度の青少年読書感想文全国コンクールの
課題図書・中学校の部に選定されています。(*'ω'*)

石井さんが『千年の田んぼ』を
執筆するにあたって現地を取材した様子や
島民の方々の声などを交えておはなしされました!!

実際、見島に行ったことがない方々にも
様子がわかるようなおはなしでした!! 

八町八反と段飾りの田んぼを
先人たちが大切に守り、
現在の見島を支えてきたということでした。
農業従事者の高齢化が進む中で
この田んぼをどう守っていくかが
今後の課題とのことでした。
当日は、中学生だけでなく、
多くの方が聞きにこられました(*‘ω‘ *)
 
『千年の田んぼ』は萩図書館に所蔵しています!!
中学生の読書感想文の課題図書ですが、
大人の方が読んでも、興味深い内容です!!
 
貸出中の場合は予約も可能です(*^。^*)
是非、ご覧ください!!

2018年8月6日月曜日

第3回ペーパークラフト

8月5日に第3回ペーパークラフトを行いました。
講師は読書普及協会チーム山口の倉迫一男さんです。
 
 
 
今年は、犬やパンダ、サル、ヒツジ、
ちょるる、紙飛行機などを作りました✩
 
 
切ったり、折ったり、難しい部分に苦戦しながら、
それぞれ作りたいものが完成しました!
最後に紙飛行機や紙トンボを飛ばして遊びました(^O^)
 
引き続き、来年も実施しますので、ぜひ遊びに来てください。

2018年8月2日木曜日

展示「平成生まれあんな人こんな人・平成のトピックス」

来年は改元の年。平成も終わりを告げます。
・・・というわけで平成を振り返る展示を行っています。

 
 
時代を彩る平成生まれの著名人の本を展示しています。
 
 
平成生まれの作家の本も集めました。
学生時代(中には中学生のとき!)に文学賞を受賞している
才能あふれる作家群がずらり!(゚Д゚)ノ
 
 
 
激動の30年間を年表にまとめてみました。
10年ずつに時代を区切って、主な出来事を
取り上げた本を展示しています。

 
 
 
あんなことあったなあ、あの時自分はこうだったな、など
平成を振り返ってみるきっかけにされてはいかがでしょうか?
 
 
展示「平成生まれ あんな人こんな人・平成のトピックス」は
10月末日まで萩図書館1階で展示しています!!
 













2018年8月1日水曜日

海底ロマン 深海魚の世界


萩図書館1階、階段横展示スペースに
深海生物たちが現れました!?


萩博物館特別展深海魚大行進に関連して、
深海魚や底生生物に関する本を展示しています。



萩は、「竜宮城の使者」ことリュウグウノツカイなどの
深海魚が出現する、日本有数の地です。

海に出かけることも多いこの時期、
深海の生き物たちの不思議な生態に
触れてみませんか?



子ども向けにやさしく書かれた本も
たくさんありますよ🚢


展示の目印は、こちらの"タカアシガニ"です!

タカアシガニは深海に生息するカニで、
長~い脚が特徴です。
足を広げると、大きなものでは3メートルを超える
世界最大のカニでもあります。

この他にも、
さまざまな深海のモンスターたちが
図書館でお待ちしています🐟

図書リストはこちら






2018年7月30日月曜日

世界のおはなしを楽しむ会

ろうそくの灯で照らされた空間で
7人の語り手が世界の昔話を語りました(*^-^*)
 
 
 
 
日時: 2017年7月22日(日)
 
語り手: おはなしやまんば、萩図書館職員
 
内容:世界のおはなしのストーリーテリング
 
1部
 1.亀と鶴の旅(日本)
 2.スヌークさん一家(イギリス)
 3.むかしむかしとらとねこは・・・(中国)
 4.くぎのスープ(スウェーデン)
 
2部
 1.豆の上に寝たお姫さま(アンデルセン)
 2.まのいいりょうし(日本)
 3.クルミわりのケイト(イギリス)

「おはなしのろうそく」に火を灯し、
おはなしが始まります(/・ω・)/
 
語り手のおはなしの世界に引き込まれ、
ハッと息をのむ声やクスっとした笑いが
起きる場面もありました。
今回のおはなし会には
小学生の子どもたちの参加がありました。
最後まで、一生懸命聞いていました!!
 
登場人物や風景が目の前に映し出されるような、
楽しいおはなし会でした。
 
おはなし会は今後も実施する予定です。
次回のご参加もお待ちしております。



2018年7月26日木曜日

暑さ対策を

連日猛暑が続いています
図書館の中は涼しくて快適ですが、
意外と館内は乾燥しています。水分補給をお忘れなく!
 
水筒やペットボトルは持ち込みできます。
缶などの蓋がついていないものは持ち込みができません。
※コンビニなどで売っている紙コップの蓋(飲み口のところが少し空いている)も

持ち込むことができないのでご注意ください。
 
館内の喫茶では、夏みかんジュースやソフトクリーム🍦を
ご用意しています。お気軽にお立ち寄りください。
喫茶メニューはコチラ

2018年7月25日水曜日

ひんやりする本

今年の夏は暑いですね。
 
先日埼玉県熊谷市で41度を超えたそうです(;゚Д゚)
 
 
萩図書館では7月23日から
「ひんやりする本 ~この夏はクーラーいらず~」
と題した展示を行っています。
 
こわ~い本や、涼しくなるおやつの作り方の本、
見るだけで涼しくなる写真集など色々取り揃えております。
 
クーラーの効いた図書館で、ひんやりする本を読んで
この暑い夏を一緒に乗り越えましょう!!
 
お待ちしています。
 


 

2018年7月18日水曜日

文学忌 井伏鱒二

文学忌、7月は井伏鱒二を紹介しています。
 
 
『山椒魚』や直木賞受賞作『ジョン万次郎漂流記』
また、翻訳した「ドリトル先生」シリーズなどを展示しています。
 
 ぜひ、手に取ってご覧ください🌻