2017年9月14日木曜日

講演会 近現代文学の中の<食>

9月9日(土)、
西南学院大学 非常勤講師の野松循子氏をお迎えして、
講演会を開催しました!




主に明治・大正、1970年以降の文学作品に
描かれている<食>を通して
時代や人間の姿がどのように変化していったのか?(◎_◎)!
 
 
とても難しい内容かと・・・身構えていましたが、
親しみやすい先生の話術によってアッという間に時間が過ぎ、
文学作品をあまり読んでいない方も(読んだ方も)
これからまた読んでみようと思える程、
楽しめる内容でとても分かりやすかったです!


 
中でも食生活は時代を反映している
世の中のしくみに食は影響を受けていることを
文学作品の中からわかりやすくお話されました。
そして、そこから見えてくるもの道義心
によって人と人(友人、家族)がつながっていることを
お話ししてくだり、考えさせられました。
 
また、物語の背景に視点を変えてみる面白さも
味わわせていただきました(*^-^*)モグモグ

 
 
今回の講演はとても濃厚な内容で時間が足りず、
講演終了後に「もっと聞きたかった」という嬉しい声もありました♪
 
野松先生から生みだされる研究熱のパワーに触れられ、文学愛を学べる学生さんは羨ましいですネ^^
 
 
 
参加された皆様、野松先生、
楽しい時間を共有でき、ありがとうございました♪ !^^!
 








 

0 件のコメント:

コメントを投稿