2018年2月16日金曜日

講演会 図書館はまちのたからもの

2月10日(土)に講演会『図書館はまちのたからもの』が開催されました。
 
講師は、元塩尻市立図書館館長で日本で唯一人の

ライブラリアン・コーディネーター内野安彦さんでした。
 
 
前半は図書館の地域における役割などをとても分かりやすくおはなししていただきました。
 
 
各地の図書館約500館回られているとの事で後半は

全国各地の様々な図書館の
 
面白い取り組みを紹介していただきました。
 
 
全国の図書館を見て来られた内野さんの紹介してくださる取り組みは

どれも意外な発想からくるとてもユニークなものばかりで
 

図書館員としてとても勉強になりましたし、図書館の無限の可能性を感じました‼
 

図書館職員が作られた
「棚の低い場所の本を見る時にこの椅子を使用してください」
という意味のピクトグラムです。



こちらの図書館はぬいぐるみの貸出を行っているそうです。



今後は各地での講演や『エフエムかしま』で萩図書館の事も紹介してくださるそうです。


今後の萩図書館の取り組みにご注目下さい‼‼
 

0 件のコメント:

コメントを投稿