2020年8月20日木曜日

ワークショップ「本の修理」を開催しました!

 

8月19日(水)山口県立山口図書館企画・連携グループの司書、上別府友希さんを講師にお招きし、本の修理のワークショップを開催しました。

まず、「破れた本を修理するだけでなく、できるだけオリジナルの形を残すように本を扱うことが大切です。」という心構えと説明を受けた後、実際に和紙とのりを使った修理の実践を行いました。


 薄い和紙と厚い和紙を修理箇所に合わせて使い分けます。慎重に、慎重に・・・


応用編として、濡れてしまった本の乾かし方、ばらばらになってしまったページを糸で綴じる方法などの説明もありました。参加者の方が積極的に質問をしている姿も見られ、あっという間の2時間でした。

暑い中集まっていただいた参加者の皆さん、ありがとうございました! 今後の萩図書館のイベントにもご期待ください。

 

 

0 件のコメント:

コメントを投稿